講師紹介 profile

森亮子

オルガニスト/レッスン講師/スタジオ運営

森 亮子 Ryoko Mori

 スタジオM Garten(エムガルテン)は皆様にとって親しみやすく、人々が集い楽しむ庭園【Garten】のようなスタジオになることを願い名付けました。
スタジオにはドイツ製のパイプオルガンとグランドピアノを常設しております。こちらのオルガンは、国内のハウスオルガンとしては最大級のもので、練習楽器としてはもちろん演奏会・発表会・講習会にもご利用いただけます。
パイプオルガンはまだまだ日本では身近な楽器とはいえません。このスタジオに集う方々が、少しでもオルガン、そして音楽に親しみ、様々な音と出会いがここから生まれていくことを願いつつ皆様のご利用をお待ちしております。

経歴・実績career

森亮子

フェリス女学院大学パイプオルガン科卒。東京芸術大学にてオルガンを研鑽。聖徳大学大学院音楽文化研究科博士前期課程修了。

第3回アレクサンドル・ゲディケ国際オルガン・コンクールで3位入賞。04 年から4年間、メルボルンにて多数の教会でオルガニストを務め、オルガニスト、ピアニストとして日本とオーストラリアを中心にソロやアンサンブルの演奏活動を行う。

CD「Organs of the Ballarat Goldfieds」「Organ of the Antipodes Vol.1ほかリリース。

2013年にスタジオM Gartenを開業、オルガン教室や様々な演奏会を企画・出演する。日本オルガニスト協会会員。加須愛泉教会オルガニスト。スタジオM Garten代表。

TOP